もっとこうリアルな話で治療に向けた話を聞きたいのに

精神・心理関係の本で病気の治療について沢山本がありますが、どれも、その病気についての知識だけであり、闘病中の人や完治した人の話を載せて、これこれこういうふうに克服しただのということが書かれた本はごく稀であり、それが残念です。

ほとんどが、その病気について陥りやすいタイプだとか、こういう人がその病気になりやすいだとか、これだけの数の患者がいるだとか、病気になったらこういう肉体的な影響があるなど、まあ、一言で言うと物足りないんですね。精神関係の本はそんなもんですね。まあ例を挙げるとアルコールや薬物の依存です。

これらの本は腐るほど出されてますが、どれも同じような内容で有益な治療方法は書かれていません。それが精神関係の本で残念なことです。